社長ブログ

社長の思いをつづったブログ

記事一覧

「お客さまは神様」

アップロードファイル 366-1.jpg

この考え方は永い間、企業の当たり前であったが、義理も人情も希薄になった現状では、「すべてのお客さまが神様です」という時代は終わったと言わざるを得ない。お客様の定義を考え直す時期にあるようです。会社理念や品質管理の取り決めや環境保全の理念の前に「お客」とは何かの理念が必要だと考えます。
「お客さまは神様」は間違ってはいないけれど、「すべてのお客さまが神様です」は見直すことがお互いに必要な時期に差し掛かっているのかも知れません。
自社にとっての「お客さま」とは何かを問うことが、全ての理念の上にあるべきことだと考えます。これが不問なことが不可思議なことです。
亡き父が、めったに注文をもらえない取引先は「お客ではない」「少しでも毎月注文がもらえるとこが、お客さんだ」と言っていたのを思い出します。
20年に渡り、外国の脅威に晒されてきて「海外調達に移行します」の単語を聞いてきましたが、数年前に、10年来の友達のように、「やはり製造業は日本ですよね」の言葉を聞きました。180度のベクトルの違いに驚きました。
当初から小ロット多品種を掲げてきた当社は国内に残るものをイメージしてきたので想定内のことです。当社の方向に合致し、お互いの尊厳を尊重できるビジネスが理念となります。
一方的な尊厳なら成立しません。自社のビジネスにとって望ましいお客さまを規定する必要と望ましくないお客さまをお断りする姿勢が必要です。
当社にとって優良なお客さまとの関係がより強化されることに努め、当社の製品価値を理解していただけることによって存在価値が生まれます。
大きな会社も担当は個人になるので、会社を見るのも個人を見るのも同等に大切になってきます。会社は優遇面以外にトップの心意気に従業員は付いて来ると聞いたことがありますが、取引先にも幾らか当てはまるように考えます。
取引先の「お客さま」としての理念と心意気が必要ですが、心意気は金太郎飴方式で消滅してしまいました。個人主義が顕著な民族では金太郎飴方式が有効ですが、日本の中小零細企業には必要性は少ないようです。金太郎飴方式を採用しない宣言をしていますが、1990年から当社理念に沿っています。

  • 2015年03月01日(日)00時02分

2015年

謹賀新年
今年は変化の年なのでしょうか?
方向は見えませんが、取り巻く環境は確実に変化しています。

  • 2015年01月01日(木)19時49分

209

「中小起業のおっさんが、弱音を吐いてどうします。」稲盛和夫
その通りです。チャンスは必ずある。焦ることはない。耐えていれば強くなる。強くなれば、踏み出すときに力強く踏み出せれる

  • 2013年12月12日(木)00時06分

208

人が訪ねてきますか?連絡が途絶えてても昨日に続く今日の様に話しができますか?魅力のバロメーターです

  • 2013年12月12日(木)00時05分

207

徳の対岸は自分都合、この場合の徳は自分自身の心の中の徳であって、傍の目を気にしたものでは無い

  • 2013年12月12日(木)00時03分

206

年を重ねると、「徳を積む」ことを考えること。結果は終盤に表れるように感じている。こころの貯金かもしれない。いつか気付く瞬間がある。

  • 2013年12月12日(木)00時02分

205

風をよむことは難しいが、風を感じることはたやすい。夜明け前の風を感じることが大切だ。

  • 2013年09月18日(水)01時30分

204

マニュアル化の終末はチェックシート

  • 2013年09月18日(水)01時29分

203

反省はするが、後悔はしない

  • 2013年09月18日(水)01時29分

202

一度決めたら迷わない。迷うほどいいものができるが、撤退も範疇になる。

  • 2013年09月18日(水)01時28分

201

「品質は平和」(元ツバキエマソン美濃部常務の言葉:2013/6/13退社)最優先課題は品質の2文字、1点でそれ以外の努力してきたもの全てが一瞬に水泡と帰す

  • 2013年06月14日(金)12時57分

200

受けてスキルが上がる仕事と危険率が上がる仕事は紙一重のことが多い。この場合必要とするコンセプトに相違がないことを確認すること

  • 2013年06月14日(金)12時56分

199

第一印象は0.7秒以内の笑顔だ。それで相手の90%の心をつかめる。刹那の出来事は無意識の内のこと、そこに本心が表れる。だから大切だ

  • 2013年06月08日(土)00時23分

198

損をしたと考えることをやめること、与えられたことは常に理由がある。選ばれたこととして感謝をすること

  • 2013年06月08日(土)00時22分

197

理不尽なことに出会うことがあるかもしれないが、出来る範囲で出来ることを不信感をもたずにできるくらいの器量の人になれ

  • 2013年06月08日(土)00時22分

196

規模の大小を問わず、大から小を見たときに、おごりがあってはならない。優位な立場の人が優位分だけ多くの心遣いができなければ人としての魅力に欠ける。

  • 2013年06月08日(土)00時21分

195

馬鹿の力、表現が悪ければ純粋な力、これは途方も無いエナージを持っている。疑う前に実行してみることも良い。考えるだけでは何も生まれない

  • 2013年06月08日(土)00時21分

194

考えることは一定の法則を持つ、一定の法則はプログラム化できる。人がすべきことか、機械がすべきことかの判断はやはり人がする、そこを考える

  • 2013年06月08日(土)00時20分

193

パソコンってゴミ箱だと思う。いらない情報を溜め込むには良い道具だ。生きた情報はいつでも現場にある。パソコンの前で仕事をしているなら外で遊べ

  • 2013年06月08日(土)00時20分

192

金太郎飴方式の弊害、考えることの欠如と内容のマジョリティ化、働きに行くならその範疇で、自分でするなら気持ちはいつもマイノリティでなければならない

  • 2013年06月08日(土)00時19分
Web Diary